開業を目指すなら|自分にあったポーセラーツ教室に通ってみましょう

自分にあったポーセラーツ教室に通ってみましょう

ウーマン

開業を目指すなら

コーヒーを持つ人

学べる知識

カフェを経営するためには主だった資格は必要ありません。しかし、基礎を学ばなければ経営は難しく、必要なスキルを得るために専門学校へ通うことがおすすめです。 カフェの専門学校で学べることは主に2つあります。1つはバリスタとしての実践的な技術と知識、もう1つは経営に関するノウハウです。実践的な技術と知識ではプロのバリスタが講師となり、コーヒーの淹れ方や幅広い知識を実践を交えて教えてくれます。また、イタリアンなどのカフェに必要な食事メニューも教わることができ、独立して経営する際に役立つカリキュラムとなっています。 経営に関することは資金やメニュー作りの基礎、原価割合、内装やコンセプトまで、経営に必要なあらゆる知識を得られ、失敗しないカフェ経営を目指せるカリキュラムです。

授業以外でのサポート体制

学校によっても異なりますが、主なカフェの専門学校では1〜2年制、週1〜5日まで幅広いスタイルのスクーリング形式となっています。夜間部や土日に集中して授業を行っている専門学校も多数あり、一般的な専門学校に学生として通うことも、社会人として働きながら通うことも可能です。 他の特徴としては寮や学生会館などが充実している学校も多く、遠方の人でも経済的な負担を少なくして通うことが可能です。また、学校によっては連携しているお店でアルバイトすることができ、実践と授業両方で働きながら学べます。 さらにほとんどの学校が卒業後の就職や開業のサポートをしてくれます。カフェの専門学校は授業内容、授業外のサポート体制が整っているため、カフェ経営を考えている人にはおすすめの場所と言えるでしょう。